シカの皮鞣しに挑戦

ご近所さんに鹿を頂いたので、皮をはいで鞣してみました。
ネットで方法を調べて初挑戦。

以下生々しい写真があります。苦手な方は見ないでください。

剥いだ皮についている肉片を取ります。塩ビパイプにあてがって鉈でごしごし。肉片はもちろん膜もなるべく剥がします。削りすぎると毛根が透けてきます。

洗濯用洗剤に浸し、洗濯板でゴシゴシします。脂質除去です。この工程で毛の間に入る込んでいるダニがたくさん出てきます。洗剤に含まれる界面活性剤でみんな死んでますので安心です。IMG_1384

皮のヌメリがなくなったら濯いでミョウバン溶液に漬け込みます。
生ミョウバンを使用するらしいですが手に入りませんでしたので、焼きミョウバンから作りました。お湯で溶かして結晶化させるだけです。(柔らかい鍋で結晶化させたまま放置すると鍋が曲がるので注意!)これを水に溶かして塩を少し入れて、3日間ほど皮を漬け込みます。浮かないように重石を乗せて。

今この状態です。このあと乾燥させて、柔らかくして完成です。毛鉤たくさん作る予定です(笑)うまくできるといいな~。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中